Apple Watch Series6 ブルーアルミニウムケースによく合うバンド

ファッション

2020年9月にApple Watch Series6が発売され、新色のブルーアルミニウムケースが加わりました。

僕は当時発表と同時にブルーアルミニウムケース44mmを購入し、半年ほど毎日使っています。

発売当時はブルーのケースに合うバンドがなかなか見つからなかったのですが、

発売から半年後の2021年3月現在はブルーによく合うバンドが多く出回っている印象です。

そこで今回は、Apple Watch ブルーアルミニウムケースによく合うバンドを紹介したいと思います。

Apple純正ディープネイビーソロループ

このソロループはカジュアル、スポーツ向けのバンドです。

Apple Watch SEとApple Watch Series 4以降のモデルに対応しており、

伸縮性と強度の高い液状シリコンゴムを素材としているので着け外しはループの中に手首をくぐらせるだけです。

非常に伸縮性が高く、つけていて心地の良いバンドです。

価格は税抜4800円。まあまあ高いです。笑

僕は睡眠のトラッキングをするため、寝るときにもApple Watchを装着しているのですが、

睡眠時はこのバンドを使用しています。

留め具がないので装着時の違和感もなく、全然気になりません。

ただ、使用開始から半年経過し、バンド表面のコーティングは剥がれ落ち、その部分の汚れが目立つようになってきました。

あとこのバンドの注意事項はサイズ選びです。

他のウォッチバンドと違い、長さの調節や、留め具の位置でフィット感を調節できないので、

購入の際のサイズ選びは非常に重要です。

このバンドは少しきつめのフィッティングで使用したほうがいいです。

ゆるいと、ウォッチ裏面のセンサが手首と離れてしまい、心拍数や血中酸素濃度、心電図などの測定にエラーが出るからです。

サイズ選びに関しては、Appleの直営店かオンラインの測定ツールでサイズを測る必要があります。

Apple直営店が遠く、足を運びにくい場合は、オンラインの測定ツールを活用します。

家庭のプリンタで印刷し、切り取り線に合わせてカットしたツールを手首に巻くことで、

ソロループのおおよそのサイズが測定できます。

applewatch01

ポイントは、結構きつく巻きつけて測ることです。

僕は最初、ゆるく巻きつけた状態で計測してサイズ⑥のソロループを購入しました。

商品が届き、実際に装着してみると、めちゃくちゃゆるく、これダメだと感じました。

Appleのカスタマーサービスに連絡すると、1回目に限り無償でサイズ交換してくれるとのことだったので再計測し、④のソロループに交換しました。

④でジャストフィットでした。

44mmケースは最小のサイズが④なので注意が必要です。

手首の細い方は40mmケースを購入しましょう。

Apple Watchとソロループを購入検討中の方は先にソロループのサイズ測定をしたほうがいいです!!

FRESHCLOUD ミラネーゼループ風ブルー

ステンレス製のバンドで、マグネットで調整するタイプです。

フォーマルに使用できます。

マグネットを使用しているのでコンパスは狂います。

登山やハイキングでの使用はあまりおすすめしません。

Apple純正のミラネーゼループは税別9800円と高価で、

カラーバリエーションがゴールド、グラファイト、シルバーの3色しかなく、

ブルーケースと合わせるには個人的には違和感があります。

そこでAmazonでブルーによく合いそうなミラネーゼ風のバンドを探したところ、

このバンドに出会いました。

しかも値段も1000円くらいと安いのでおすすめです!

純正のミラネーゼループを試したことないので比較はできませんが、装着感は悪くはないです。

見た目もチープさはなく意外とイケます!

Miimall ステンレスバンドブルー

ネイビーのステンレスバンドで、フォーマル向けです。

カジュアルにももちろん合います。

本体と同じような色なのでケースとの一体感は抜群です。

また値段も約2000円ととても安いです。

ブルーアルミニウムケース発売当初はこの色のステンレスバンドは全く売ってなかったのですが、

今ではAmaznonで結構見かけるようになりました。

ネイビーのステンレスバンドの時計ってあまり見ないので、

結構気に入っています。

光の当たり具合によってはこのように渋く見えます。

ただし、純正ではないのでバンド交換の際のスライドに少し引っかかりを感じます。

まとめ

僕のおすすめするバンドを紹介しましたが、他にも純正や非正規品含めたくさんのバンドが売られています。

色々なバンドを試せるのがApple Watchの魅力の一つだと思うので、

ぜひ色々試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました