ブラックレザーのマネークリップとコインケースでミニマルに

moneyclip01 ファッション

ミニマリズムとかシンプルな暮らしが好きです、ちたです。

最近はキャッシュレスがだいぶ浸透してきており、マネークリップを使っている人をよく見かけます。そんな僕もマネークリップをコインケースと共に5年以上使っています。

今回は僕が愛用するミニマルでシンプルなマネークリップとコインケースについて紹介したいと思います。

僕のお気に入りのものをただただ紹介するだけという自己満記事です。

この記事を読んでマネークリップの良さを知っていただけたらと思います。

マネークリップで快適に、そしてミニマルに

マネークリップとコインケース どちらもポーターのフレスコというシリーズを使っています。

マネークリップ

表面はイタリア製のカーフスキンです。ツルッとしており、光沢があります。革は柔らかく、6年ほど使い込んでいるためかなり手に馴染んでいます。ちなみに買った当初から柔らかかったです。

また外側にはPORTERのロゴもないので一見どこのブランドか分からないところも気に入っています。

値段は購入当時の2015年で16,200円(税込)でした。

サイズは折りたたんだ状態で幅110mm×高さ88mmです。

厚みはカードと紙幣4枚入れた状態で10mmくらいです。

マネークリップとコインケースを同時に持つとこんな感じです。

内側にはカードが3枚収納できるポケットと金属製の可動式クリップが

ついています。可動式なので紙幣の取り出しがスムーズにできます。

またカードポケットの下面にはPORTERのロゴが刻印されています。

moneyclip03
6年ほど使っているので傷がついています

シンプルでかっこよくて、何十年も使えると思っています。

これからも手入れをしながら使っていきたいです。

コインケース

コインケースも素材はカーフスキンです。背面にカードポケットがあります。

開けるとカードポケットが上下に一つずつと、マチ付きのコインポケットがあります。

coincase

サイズは折りたたんだ状態で幅110mm×高さ75mmです。

幅がマネークリップと同じなので一緒に持つのに違和感ないです。

コインケースもマネークリップ同様、シンプルでかっこいいです。

どちらも吉田カバンオンラインストアから購入しました。

当時は在庫がなく、再入荷メールを登録し、1ヶ月後に再入荷の連絡が来ました。そしてそのタイミングで購入しました。

これらは吉田カバンの公式webサイトではもう見れなくなっています。

今は製造していないのかもしれません。

マネークリップとコインケースをどのように使っているか

マネークリップには紙幣(だいたい5000円くらい入っています)と、

クレジットカード、キャッシュカード、保険証が入っています。

正直、クレジットカードだけでいいかなと思っています。

コインケースには免許証だけ入っています。基本小銭は入れていません。

持つ意味があまりないんですが、カードが使えない店で買物したとき用に

一応持ち歩いています。

将来的にはマネークリップだけにしようと考えています。

ただ、よく行くお店の一部で現金のみしか使えないので

そのお店がカードやスマホ決済に対応してからかな。

やっぱりマネークリップは最高だね

ミニマルでシンプルが好きな人にはおすすめできるアイテムだと思います。

僕はネットで買いましたが、不安な人は実店舗で質感などを確かめてみてもいいかと思います。

カーフレザーもいいですけど、コードバンやブライドルレザーなんかもいいなと思います。

(値段は上がりますが、個人的には財布にはお金はかけるべきだと思っています。)

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました